酒本廣継 オンラインショップ オープン

この度,1st Album「Swingin’ 5」発売に伴い、インターネットからもご購入いただけるようにオンラインショップを開設いたしました。
随時、他の参加アルバムやオリジナルアレンジ楽譜なども購入できるように準備いたします。
ぜひご利用ください。

https://saketrombone.thebase.in/

ラジオ 第二回配信しました!

ラジオ配信「スインギンライフ北海道」第二回放送を公開しました!今回も緩いフリートークから、聞き流して学ぶ「スピードジャズラーニング」、私が参加してるCDから曲紹介など盛り沢山です!是非聴いてください!

『支援のお願い』

『支援のお願い』
正直に言いまして、今回のこの状況は私にとっても過去一番の苦難です。
昨年発売された「Swingin’5」を始め、私が参加しているCDを買っていただきたいというお願いをしたく投稿させていただきます。
作品は、どのCDも素晴らしく、個性もあります。
こういった支援も含めてお願いすることは、皆さまも相当な苦労をされてるのも承知で、とても申し訳ない気持ちで踏み切れなかったのですが、ほんの少しでも希望を分けていただけたら嬉しいです。
CDを聴いていただき、少しでも家の中が明るくなってほしいなという想いももちろんあります。
このようなお願いをする前から、CDの販売が最近増え、暖かい心に触れさせてもらい、なにより心が救われました。感謝します。
一番下に私のネットショップのURLを掲載します。そこからご購入可能です。

ぜひご協力をどうかよろしくお願いいたします。

酒本 廣継

https://saketrombone.thebase.in/

※ライブキャンセルのご報告

この度のコロナウィルスに関わる現在の状況のことを考え、4月17,18,24,25日に行われる予定でした私のリーダーライブを中止させていただくことにしました。

今回のライブ中止するにあたっては、本当に毎日悩み結論を出しました。大変厳しい状況ではありましたが、お店もメンバーも感染防止策を万全にしてライブを行ってきました。特に各店の感染防止への努力のおかげでこうして今までライブができたことに本当に感謝しています。しかしながら、私自身も完全には不安を拭うことができず、来てくれるお客様に100%の形でパフォーマンスができていないのではないかと思ったのがこの結論に至った理由の一つです。

先日まで、こんな状況下でも応援してくれるお客様にご来場いただき、多くの方にミュージシャンとしての心を救っていただきました。本当にありがとうございます。私も、こういう非常時こそライブ会場に立ち続け、不安な日々を送っている方の心を少しでも和らげることができるのではないか、そのためにも演奏し続けなければいけないと思ってました。

しかし今回は、その行動が感染リスクを高めているかもしれないということ。それでも、わかってはいるけど来てくれるお客様がいる。収入が著しく減っているメンバーやお店へも少しでもプラスになるようにしてあげたい。これは私だけではなく、多くのミュージシャンが抱える相当な心のプレッシャーだと思います。その結果、自分に言い聞かせるように「あっちの地域は危ないけど、札幌はまだ大丈夫」と無理やり自分を納得させていました。

今までに経験したことのない今回の事態に、少しきちんと整理して考える時間が私には必要だと思いました。ライブを望んでいるお客様、場所を提供してくれるお店のマスターやスタッフ、そして一緒にライブをしてくれるメンバー、関わる全ての人に申し訳なく思っています。本当にすいません。

終わりが見えないことではあるので、5月以降も状況を見つつ動いていこうと思います。もちろん、音楽をやめるわけではありません。また皆さんの前に立ち、私ができる最高のパフォーマンスができるように毎日しっかり準備していきます。私が忘れ去られないように、なんらかの動画も配信していきますので、引き続き応援いただけたら嬉しいです。

最後に、これは私が考えて出した結論です。重複しますが、今回は経験したことがないことが起こっていますので、一人一人がそれぞれ真剣に考えて毎日を過ごされてることと思います。それぞれの考えが違って当然だと思います。誰かを批判して書いてるということは絶対にありません。なにより、大好きなジャズで繋がった大切な全ての縁を否定できるわけがありません。次のステップに進む準備を一生懸命します。またライブ会場でお会いしましょう!そのときは皆さんを今まで以上に超ハッピーにさせますので!!よろしくお願いいたします!!!

酒本 廣継

志村けん

2020.3.30、私が尊敬するエンターテイナーの志村けんが死んでしまった。。

会ったこともないただのファンです。なので呼び捨てにしてます。すいません。

私の世代はみんな少なからず影響うけてるし、子供のころはとにかく真似してたなぁ。芸能人の亡くなったってニュースでこんなに泣けたの初めて。自分でもわかんないくらい好きだったんだなぁ。。。

好きな芸能人は?って聞かれたら秒で「志村けん」って言えてたからなぁ。私の自慢は志村けんと加藤茶と同じうお座でA型なんだ!って今でも真面目に思ってます。自分は音楽を提供する職業だけど、二人と同じうお座でA型だから笑いも届けなきゃ!ってこれ、結構まじめに思ってました。今も同じ気持ちです。

自分もステージ立つ者なので、お笑いのステージとか見るの好きで、志村けんの舞台はホント見たかったんだよなぁ。また先延ばしの後悔です。

自分が志村けんを好きになったきっかけは、作り上げられた作品を大事にしてて、同じネタでも100%笑わせてくれる。これってすごい。私がやってる音楽もいわゆるアドリブをメインとするジャズですが、おんなじ曲を毎日何度も演奏してるわけです。それを飽きさせず、お客さんに楽しんでいただくことってすごいことなの。志村けんのネタも、構成はかなりしっかりしててそこにアドリブやハプニングを必ず盛り込んでてそこに笑いが生まれる。しっかり決まったものがあるからなんだよね。ジャズも一緒だと思ってて、私はホントまだまだできまへん。でも最終的には酒本はバラードいっつもあれやるけどなんかいいんだよなぁ、とか、あいつがいつも最後にあの曲やるけど、あれがいつ聞いてもいいんだよ、とか、そんなライブを表現できてお客さんにそう思ってもらうことを目標の一つにしてます。志村けんのインタビューとかもめっちゃ私はこまめに見てて「結局は間とタイミングなんだよ」っていうのとか、「人を笑わせることできるなら人を泣かせることだってできんだよ。」とか。

なんだろなぁ、なんでこんなに惹かれてるんだろうなぁ。会ったことないのにねぇ、はははっ。

ここまでの影響ある人にはなれないかもだけど、少しでも近づけるように良いライブしなきゃと強く思い直しました。

なんも考えず、今日という日を記録に残しておこうと思って書いたのでとりとめなくすいません。

これからも私の好きな芸能人は?の問いには「志村けん」です。

2/29 酒本廣継オーケストラ開催について

2/29の「酒本廣継オーケストラ live at 紙ひこうき」開催のご連絡

酒本です。明後日29日のライブにつきましていくつかご報告があります。

1. 開催について

ライブは予定通り行います。しかし開催にあたりまして、会場の衛星管理やお客様への対応のことを考え、通常40席のところを25席にさせていただき、配慮が行き届くように変更させていただきました。

すでに予約が定員に達しているため、予約を打ち切らせていただきます。ライブに来る予定で予約取れなかった方々には大変申し訳ありませんが、ご容赦ください。

上記の理由より、当日の入場もお断りさせていただきます。大変申し訳ありません。

2. 当日について

予約された皆様には、自己の管理をお願いしております。体調が著しくない場合は入場をお断りする場合もあります。

また、咳エチケットにもご協力よろしくお願いいたします。

お客様にはいろいろとお手数をかけさせてしまいますが、この状況ですので何卒ご了承くださいませ。

ライブはこういうときこそ、最高のものにしていきますので、どうぞお楽しみください。

3. 今回ご来場できなかったお客様へ

酒本廣継オーケストラは次回は4月24日(金)にライブが決定しております。

こちらも今回のこともありいつもより予約が早くなる可能性もありますので、お早目のご予約をお勧めいたします。

以上、問い合わせもいくつかありましたのでこちらでもご報告させていただきました。

こういうときこそ、できる限りの配慮はしつつ、私が提供できることは全て出していけたらと思ってます。引き続き応援よろしくお願いいたします!

酒本廣継

Swingin’ 5 年内の演奏予定終了!感謝!

「Swingin’ 5」、先日22日のライブで2019年の演奏は終演しました。
1月にライブレコーディング、6月に1st album「Swingin’ 5」発売、札幌はもちろん、当別、北広島、中標津、釧路、帯広、苫小牧、などなど、たくさんの地域、多くの人に聞いてもらいました。
来年度もめっちゃ盛り上がっちゃうライブしかしませんので、今後とも応援よろしくお願いいたします。
このバンドですっかり私のボーカルでの活動も表に出ました。しかしながら写真はトロンボーン吹いてるものしかなかったんです。
が、こないだの帯広ライブのときにとても秀逸な写真を撮っていただき、大変気に入ってます。この昭和感、最高笑
三上さん、ありがとうございます!

予約がお得よーって話

予約またはチケットがお得よって話が二つほどあるので、その一つをご紹介。(長々と)

明日26日(土)はジャムジカにて、新しく結成しました「酒本廣継オーケストラ」のお披露目ライブでございます。すでに20名ちょっと予約いただいてますがまだまだ入れます。当日は値段上がるのでお店か私にご連絡を。
私の札幌以外での活動は自分から言うこともないし知られることないのですが、様々なアレンジ依頼が全国各地からあり、楽曲提供を実はたくさんしてまして、溜まりに溜まった曲たちを札幌でも音出したいなぁと思ったわけです。
そんなこともあり、明日は自分のオリジナル曲からジャズスタンダード、さらにはシティポップからアニソンまで、節操なくやりますのでお楽しみに。ぼくのいつも頼りにしてるリズムセクションにホーンセクションは若手で構成しました。
昨日リハしましたが、若手メンバーの努力が目に見えて、エリントンとかベイシーとか参考資料なんかこのバンドにない中、とてもいいサウンドがして感動しました。きっと明日はステキな一日になるでしょう。
たぶん、飛び込み予約多いかもなので、お早めにご連絡いただいたほうがいいと思います。
席がなくなり次第、予約打ち切ります。ご了承くださいませー。

2E27BFC3-AE59-49E7-95BB-0482C9EA1446.jpeg

J.J.& Kay 高校の思い出。

J&Kのなかでも高音が少なく、高校当時の私でもかろうじて吹けたのがこれ。
tbの2声となると、普通なら長3度(ドとミ)とか短3度(ドとミb)とかで重ねるのがいわゆるハモりのスタンダードなのに、J&Kでは全音でぶつけてて(例えばドとレ)、新鮮だったしそこを吹くのが楽しかった。最初はそれが聞き取れなくてね。。。コピー苦労した。アレンジに興味持ったのここからかも。
ユニゾン(同じ音)をどこで使うかも、非常にアレンジセンス問われます。
そういったところでもJ&Kはお手本でした。
最近、ちょこちょことこうして動画アップしてますが、なにを伝えたいって、夢中になれるもの見つけよう!ってことかなぁ。
無理して勉強して上手に吹けるより、「これ、まじかっこよくないですか!?」って会話ができるほうが好きだな。