忘れること 忘れられること

最近、なにかを覚えたりすることや記憶を保つことは少し衰えてるかなと思います。あくまで10代、20代のころと比べてのことですが。

音楽のことは、ほんと毎日が勉強なのでコツコツやってますが、それ以外の記憶の曖昧な感じはなんとかならんかなと思います。

老いからくるいろいろな変化は、人間なので仕方ないかなと。なにかを忘れることって今までもたくさんあったし。でも、もっと恐いのは「忘れられること」なんじゃないかなぁって。

多くの人に覚えられて、多くの人に自分を見て聞いてもらうのが職業ってのは、忘れられる不安や恐怖がとてもあります。自分がなんかの記憶を思い出せない、忘れることより何倍も不安です。

万人にとはもちろん言いませんが、周りの人にふと思い出してもらえる人間になりたいなと急に思ってしまいました。それってものすごい重要なことなんじゃないかなと。

あんな悪いことは忘れてしまおうとか、あんな悪い人は記憶から消してしまおうとか、ぼくも考えたことは何度かあります。でも、そんなの無理なんですよねー。やっとわかってきました。しかもそれって自分が楽になるための手段だし、実は楽にならないんじゃんって今では思います。

そんなことより、人から無視され、自分というものを忘れ去られることのほうがよっぽどつらいことだと思います。だから自分は人にそうしないようにしなきゃいかんなと思うのです。

どんだけ時間が経っても、「あなたのこと忘れませんよ」というのが一番幸せな言葉なんじゃないかなぁ。

耳は大事 – 航空性中耳炎 –

この日記にもちょっと書きましたが、クリスマスに飛行機欠航などで寒いなか空港に泊まるはめになってしまい、案の定風邪引きさんになってしまいました。

風邪引いたまま飛行機で帰ってきて、耳が聞こえづらい状態に。

いつもならあくびしたり、あご動かしたりすると治るんですが全く治らずちょっと不安でいました。

翌日、病院で診断されたのが、「航空性中耳炎」と聞き慣れないもの。

鼻にあった風邪の菌が気圧の高いところにいって鼻から耳にいってしまい急性の中耳炎が起こるのだそうです。

去年の今頃あたりから、三半規管になんか異常があって、めまいしたり頭痛起きたりしてたので、騙し騙しで生活してました。今回はさすがに左耳がものすごく聞こえなくなったのでさすがに焦った…。

昨日あたりから、ようやく回復に向かっていて、今はほぼ大丈夫かな。

耳が命の職業なので、これからホントに気をつけなきゃとドキドキしました。

耳の病気になってわかったことがありました。ただ周りの音や自分の音が聞こえづらいというだけならまだよかったのですが、自分のプレイに大きくダメージありました。

自分の音を耳で聞いて、それに伴い、息やいろいろなコントロールをしてるんだって当たり前のことかもしれませんが改めて思い知りました。

約一週間、聞こえない状態で楽器吹いてて、ついにはリップスラーもろくにできなくなりました。自分では体が覚えてるつもりだったので、そんなこと起こるはずもないと思ってましたが、こんなにも簡単に基礎が崩れてしまうのだと実体験すると、体のメンテナンスの重要さをひしひしと感じます。

んで、いまは耳がほぼ完治してるので、一週間のギャップからか、めっっっちゃ楽器吹きやすいし絶好調です。笑

今年は楽器の基礎と同じくらい、体の基礎作りもしようと思います。

 

あけましておめでとうございます

酒本です。

遅れましたがあけましておめでとうございます。

2017年もよろしくお願いいたします。今年も不定期ですがこのブログも継続しようかと思ってます。

何卒よろしくお願いいたします。

ライブスケジュール、遅れてますが今日中に更新します…新年早々、申し訳ありません…。

演奏初めは昨日1.3でした。地元である苫小牧にて。

地元で演奏するのはなんかやっぱり嬉しいもんです。お正月にも関わらずたくさんの方に聞いてもらいました。ありがとうございます。

今年は三月で40歳、そしてプロの演奏家からスタートして15年という節目の年です。

これから先、自分の存在意義を考え、一日一日を大事に過ごしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

12/23 さあ、名古屋へ…行けない…

さあ、まったく動けなくなった。今時点のまとめ。

8:50 自宅出発

9:20 札幌駅到着

9:34 新千歳空港行き快速エアポートに乗る、予定だった(あれっ、電光掲示板真っ暗)

9:50 ホームにて電車待ち(せいぜい遅れても一時間だろう。三時間早く行動してるんだ、全然余裕だぜ。)

11:20 快速エアポート到着(1時間半遅れか、まあ予定通り)
が、電車が満席で次発を待つことに…。

12:10 次発の快速エアポート到着、乗車(飛行機は13:35発だし、大丈夫だよね、大丈夫だよね…)

13:30 40分遅れで新千歳空港に到着(電車内で乗る予定だった13:35発の飛行機が欠航決定。)

13:50 混雑のなか、航空会社の有人カウンターに振替手続きのため並ぶ。
待つ、待つ、待つ

15:00 やっと自分の番がきて、20:05発の便に振替完了(残席1席でした。危ない!でもついてる!)

15:15 飛行機乗れなかった同士、お友達何人かに遭遇、そしてそんな方と一緒に飯(そういえばこれが今日の初飯)

16:00 振り替えた便の欠航、及び、現段階での飛行機がほぼ全便欠航

17:00 払い戻しの手続きの説明を受けて、いろいろ移動手段を検討して、とりあえず電車で札幌まで戻ることにする。

18:00 JR千歳線、50年ぶりの大雪で全線運転休止
←いまここ

どうすりゃええねん。

徒然に…

一年をまとめる時期になってきました。

今年はホントにいろいろあった。ありすぎた。来年はどの方向に向かっていくだろうか。

自分でもまったくわからないけど、前にだけは進みたいかな。

それにしても冬はさびーな。今年のライブも残りわずか。

24日 CUG 名古屋伏見ヤマハホール

25日 3 Trombone Meeting 名古屋 キャバレロクラブ

26日 菅原昇司 4trombone 札幌 ジャムジカ

28日 Ben Jansson バンド 札幌 くう

名古屋ー浜松ー新宿…

また長らく日記綴れず…。

名古屋、浜松、新宿と行ってきました。今回もたくさんの出会いと再会があり幸せな旅でした。

また会いたいと思う人がたくさん増えたなぁ。ちょっぴり寂しい思いもありながら、先ほど札幌帰ってきました。

今回関わった全ての人に感謝です。さっ、またいろいろがんばろ。

酒本廣継とディキシーカルテット

10/22

自分がリーダーでやるにあたっては実に久しぶりのディキシーランドジャズバンドライブ。この日がそのお披露目ライブでした。

ニューオリンズジャズのスタンダードソングがたくさんある中で、札幌ではあまり演奏されてないような曲を掘りおこして演奏しました。

数年前に活動してた「Swingin’ 5 Men」というバンド以来、リーダーバンドで歌も歌わせていただきました。

若いメンバー(一人は大御所…笑)と奏でる古き良きジャズはそのギャップがまたよかったです。

数年前に買った衣装も陽の目を見れてよかった…笑

2016秋 支笏湖 ジャズ合宿

10/14〜16

この時期、恒例となりました秋の支笏湖ジャズ合宿でした。

もうこのイベントを企画してもう7年くらい経ちます。最初は一年に一回でしたが、ここ5年は春と秋と年二回開催してます。

毎回、新しい出会いや再会があり、本当に幸せな時間を過ごさせてもらってます。この合宿を続けたことで、人の輪や繋がりが増え、共にジャズを志すかけがえのない仲間がたくさんできたことが本当に嬉しいです。

最初のころは、運営の仕方もよくわからずゴタゴタしてましたが、回を重ねるごとに内容も深くなり、参加者の皆さんの成長ぶりに驚くことが多いです。

これから先も、小さな種まきかもしれませんが、北海道のジャズに貢献することができればと思います。

次は春!

5月5〜7日に決定!