トロンボーン以外で好きな楽器はなんですか?

トロンボーン以外で好きな楽器はなんですか?

タイトルの質問をされたら、私、迷わず「ドラム」と答えます。

好きなので、自分の演奏活動の傍らでなんかあったらドラムに触れてました。ここ二年くらいかな、ジャズのリズムの勉強のために本格的にこっそりとドラムを練習してました。なかなか思い通りには叩けませんが、トロンボーンの演奏に大きく影響しているのは確かです。

ぼくの世代は中学生くらいのときに空前の日本ロックバンドブームだったんです。BOOWY、X、ユニコーン、KATZE、ZIGGY、BUCK-TICK、ブルーハーツ、ブランキージェットシティなどなど…。ほんとキリがないほどロックバンドいっぱいありました。そのときから花形のボーカルやギターに興味がいかず、一番はドラムだったんですよねー。

高校のときにバンドブームに乗っかり、友達に誘われバンドデビュー。学校祭で演奏したりしてました。ギター担当の友達の家で思いっきりバンド練習してたけど、今更だけどうるさかっただろうな笑。この頃、ホントにめちゃくちゃドラム練習してたな。結果的にはゼロからのスタートよりは、今のドラム練習のプラスになってるのかなと思いました。

今は訳あって、その頃と同じくらい練習しておりまして…。そんなこともあり、なんとなく日記にしたためる…。トロンボーンの生徒には「早く上手くなりたい、なんてことはできるわけない。コツコツ練習するのだ」と言ってますが、うん、早く上手くなりたい。

いまはArt BrakeyやElvin Jones、Billy Higginsとかチョーかっこいいと思いますが、ぼくのドラムスタートはこれ。バンドブームを知ってる男しか知らないかもしれませんがデランジェですよ。デランジェ。ララバイですよ。ララバイ。

広告

唐突すぎですよ。

冬が来るの急過ぎませんか…。
躊躇なく、完全な冬装備になりました。
11月後半ですが、すでに春が来ることを強く望んでます!

浅草 滞在

浅草、毎年足を運んでますが飽きない街。
古さと新しさが上手に混ざってる感じが好きです。
ディキシー、スィングジャズのライブが毎日行われてる浅草HUB。こちらもオシャレなバーの雰囲気と古き良き音楽が融合してる浅草らしい場所。 ジョニー黒田とディキシープリンスライブ。ゲストの中川喜弘さんのサウンド、ジャズフィールが素晴らしく、多くのことを隣で学ばせてもらいました。 宿泊先の浅草のホテルも、古き良きラブホテルを改装した素晴らしいホテルでした笑

11/17 クインテットライブです!

今週末の17日金曜は私のクインテットライブです。フィエスタさんには初登場です。スタンダードジャズ5人の個性。ご来場お待ちしてます。

17日(金) cafe & bar フィエスタ

酒本廣継 ジャズクインテット
酒本廣継(trombone)山下泰司(piano)長沼発(guitar)豊田健(bass)伊藤宏樹(drums)

open 19:00 start 20:00
2,000円(1drink付)

ジャズトロンボーン普及委員会

演奏はもちろんなのですが、札幌だけじゃなく、東京や名古屋、仙台などでも個人やバンドのレッスンやクリニックする機会がすごい増えました。
ライブとはまた違った人の繋がりが増え、とくに同じトロンボーンでジャズという共通点で仲間が増えるのがとても嬉しいです。
もっと輪を広げていきたいと思います。
自称 ジャズトロンボーン普及委員会 会長の酒本です。自称です。そんな会ありません。
今後はもっといろんなとこ旅しようと思います。

昭和新山 三松正夫

1943年に有珠山の火山活動により、元々麦畑や集落があった土地が隆起。約二年もの間隆起し続け、1945年に海抜400m以上の山になる。

当時、この地域の郵便局町をしていた三松正夫さんが、戦時中の測量などの行為が禁止されてるにも関わらず(当時、そのような行為はスパイ行為とされてたとか。)日々隆起する山の測定を続け、世界でも類を見ない山の成長の記録を残した。

その後、三松正夫さんは貴重な火山を保護する目的と、農場や家を失った町民を助けるために、私財を投げ打って土地を全て買い取った。 なので、昭和新山は現在も三松さんの私有地。すごい財産笑。

今も三松さんのご親族が管理されてて「確かに偉いけど、もうちょっと子孫の私達にもお金残してくれればいいのに」と、テレビで言ってたのはめちゃウケた笑 でも三松正夫さん、かっこいいなぁ。

麦畑が山になるなんて想像もできないけど、あの独特のゴツゴツした赤い色がその証拠で、農場の土壌の粘土質の土が溶岩によって焼かれていわゆる天然のレンガになってるので赤いんですね。溶岩もドロッドロだったようで、下に流れ落ちることなく固まってゴツゴツの岩のようになったそうです。

昭和新山、小学校の修学旅行で行ったけどそのときはなんとも思わんかった笑
なんか、そこに人が実際住んでだと思うと、なんだか恐ろしいし、当時ホントに大変だったんだろうなと思います。

ツアー移動の暇つぶし日記でした。
行ったのは2017.11/5。

愛に溢れた音楽

メンバーへの愛に溢れたアレンジャー・コンポーザーがいるビッグバンドがとにかくかっこいいんだなぁ、自分はそういうバンドが好きです。

こだわって作曲したり、アレンジ提供してますが、自分が一番にずーっと意識してる部分です。

過去の偉大なビッグバンドはここが共通してます。アレンジを勉強し続けた今のところの結果は、理屈や技法だけではなくその人の個性を活かせるアレンジがとても重要なのかなぁと。そこにアレンジャーのエゴが出たり、盛り上がるのを狙って書いたりしたら上手くいかないのかなぁと。あくまで自然がいいのかなぁ。Count Basieの歴史を作った名アレンジャーたち、Duke Ellington、Glenn Millerもそう。これらのバンドのアレンジャーたちの凄さを感じました。愛に溢れてる。
そう感じれるようになっただけでも、自分も少しは成長したのかな。

改めてたくさんのビッグバンドを聞き直してて、この封印されたブログも書いてみたくなりました笑

仙台 西方寺 (自分メモ)

仙台 西方寺

平家が壇ノ浦の戦いで源氏に敗れたときに平貞義(たいらのさだよし)が隠れ住んだとされる寺。

敗れた平家の冥福を祈り、阿弥陀如来を置き、自らも定義(さだよし)と改名。

後に阿弥陀如来を定義如来と人々が呼び出し、定義(さだよし)を音読みして定義(じょうぎ)と呼ばれるようになった。

平貞能が眠っているという五重塔、周りに池や花も咲いていて風情ありました。

西方寺の名物、創業明治23年の定義とうふ店の『三角あぶらげ』。揚げたてをざくっとしてから七味唐辛子と醤油をかけていただくのがスタンダードな食べ方とか。美味しくいただきました。あと、豆乳もめっちゃ美味かった。

あくまでぼくが現地に行って書いてあったものや、人に聞いた情報だけでメモ代わりに書いたので、間違えてたらごめんなさい。IMG_3056.JPG

緑がきれいな季節

今日はとあるホテルでの演奏でした。

会場のテラスからの景色がきれいだったのと、そのすぐ近くにある公園でもとてもリラックス。

緑が一番きれいな季節。心がすーーーっと洗われました。

カモの親子、かわいかったなぁ。

20170525中島公園20170525