11月の思い出5 夜の部

最後の週は学生を混ぜてのセッションライブが続きました。
前にも書きましたが、今年は学生と深く接する機会に恵まれ、一生懸命にジャズをやっている若者になにかできることはないだろうかと思い、今年はいろんなことやりました。 その中の一つに学生を混ぜてのライブを二ヶ月に一度のペースで続けてきました。
11月末の一つは、ニューオリンジャズナイト。
きっかけはディキシーランドジャズが好きで自分の大学の学祭でもバンド組んで演奏してて、ディキシープリンスも好きでいてくれてるということを聞き、じゃあ一緒にやろう。 …これだけです笑
思いがあるライブは楽しいですね。本当に楽しい一夜でした。

もう一つはリズムセクションが学生というカルテット。
こちらは、リハーサルも組みいろいろ伝えたいことを伝え、それを一生懸命やってくれたというライブでした。一番大切なことはとても当たり前のことを当たり前に普通にやること。でもそれが難しいんだよね。ぼくも一緒に演奏しながら初心に返った夜でした。

酒本廣継

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中