フルートとトロンボーンの比較

ただいま帰りました。今日は午前中から夜までレッスンな一日。こんなにたくさんレッスンした日も久しぶりかも。

今日のスケジュールの真ん中あたりでレッスンキャンセルが出たので、しっかり練習させてもらいました。

トロンボーンはまあいつも通りですが、フルートはいまだ悪戦苦闘。

一から教本みて指の確認して…。

フルートを練習し始めてから、トロンボーン的にもいろんな発見がありました。

一つは音の出所。フルートは吹いた音が自分のすぐ目の前で鳴るので(まだ響きがなくてそば鳴りしてるというのもある…)よく自分の音を確認できる。それに比べトロンボーンは音が出るベルが自分の耳よりかなり前にあって、フルート吹いた後にトロンボーンを吹くとえらく自分の音が遠く聞こえます。

トロンボーンのその仕組みはわかってはいたけど、ここまで違うとはという感じ。実は今まで吹きすぎてたのかもしれません。距離感を再確認できたのはかなりの収穫です。

もう一つは息の抜け。フルートは楽器の外に息が漏れまくるので、息づかいがわかりやすい。
これもトロンボーンと比較して演奏してみると、トロンボーンの息づかいってフルートに比べるとわかりづらい。それだけに「息を感じさせる演奏」をものすごい心がけなければいけないと思いました。
フルートのサウンドはある意味トロンボーンにとって理想のサウンドかもしれない。

もう一つは技術とは関係ないのですが、初心者やまだ楽器に慣れてないレッスン生徒へのアプローチが見えてきた。
なんだかんだ自分の楽器には慣れ過ぎていて、「これはできて当たり前」みたいなのがあったかも。
実際フルートを0からスタートしてみて、一つ一つの小さな積み重ねが最初のころには必要であるってことを思い出しました。

今までになく他の楽器でこんなにハマったのは初めてかも。しかもかなりトロンボーンと直結することが多いので、研究を続けたいと思います。

1390658723927

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中