新冠町 レ・コード館ジュニアジャズバンド

22日から25日まで新冠町に滞在してました。

新冠町 レ・コード館ジュニアジャズバンドの10周年記念コンサートと子供たちの第7回定期演奏会でした。

ぼくが講師として行き始めたのが2年目から。もう9年も経つのだというのが正直な感想です。

基本、子供たちのコンサートは当たり前ですが子供たちが主役なので一緒に共演することはありませんでした。

今回の記念コンサートでは事実上の初共演のシーンもあり、とても嬉しかったです。

DSC09727

 

記念コンサートは地元でサポートし続けている新冠町にあるビッグバンド「Blue Horse」の演奏からスタート。Blue Horseと子供たちの共演、そして上記の講師陣と子供たちとの演奏と続きました。

その後はOBの演奏。コンボの演奏とOBだけでメンバー構成されたビッグバンドが演奏しました。

どちらもじっくりと目にやきつけるように見たし聞かせていただきました。ジャズを愛しつづけてることにただただ嬉しい思いでいっぱいになりました。

そしてその後は講師陣とスペシャルゲストで構成されたビッグバンドステージ。

ゲストにはC.U.G.Jazz Orchestraのリードトランぺッターの渡辺勉さん。

いつも道外でお世話になってる方との新冠での共演はなんだか不思議な感覚でした。

スペシャルバンドの計画がでたときに、子供たちにも聞いてほしかったし、新冠町の皆様にも聞いてほしいという思いがあって無理に音楽監督にお願いして勉さんとのこちらでのビッグバンド共演ができたことはホントに感謝し尽くせないほど嬉しかったですし、なにより聞いてくれた皆様の反応を見て、成功を確信しました。

DSC09836

 

この演奏会までに至るまでにはいろんなことがありました。僕自身も個人的にいろいろ悩むこともあり…。

ですがこうして記念すべきコンサートが無事に終えられたことはなによりホッとしてます。

新冠町のスタッフの皆さん、Blue Horseの皆さん、札幌のミュージシャンの皆さん、勉さん、そしてOBのみんな、音楽監督、子供たち、そして聞いてくれた皆様に心から感謝申し上げます。

ぼくはわりと早い時期にこうした教育に関わる仕事を始めることができましたが、そこで学んだことは今の自分に計り知れないほど影響してます。

今回の子供たち、OBの姿を見てたくさん勇気づけられました。

正直、ぼくが教えるなんて早いって思うことのほうが多く、いろんな人にそれを言われることもあり、毎日が必死でした。ぼくだけの力ではないですが、こうしてたくさんの子たちがジャズを続けているのを見て、間違いじゃなかったかなと思ってます。

思いが溢れて今日も全然日記がまとまりませんが、殴り書きの心のメモだと思ってお許し下さいませ…。

1400493_197165323804469_1008066742_o

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中