音を感じ、音を学ぶ毎日

16日に北海道に帰ってきましたー。やっぱこっちの気温は気持ちいい♪

んで、この日は朝9時過ぎに新千歳到着、そのままとある場所まで移動して8月24日に行われるイベントのリハーサルでした。

もう知ってる方も多いかもですが、芸術の森野外ステージで渡辺貞夫さんとビッグバンドメンバーとして共演します。

貞夫さんが入ってのリハーサルはビシビシと厳しいところもあり、一つ一つの言葉に重みがありました。

長野での数日間のなかでいろんなことを感じ、いろんなことが見えてきてたんですが、その直後だっただけにホントに貞夫さんが投げかける言葉が響きました。

ぼくがやってる音楽の最も重要なポイントが見えてきてる気がします。

そしてそんななかこの日は夜もライブがあり、こちらも多くの気づきがあったしなにより楽しいライブでした。

64824_400679270037512_247719350_n

そして17日は滝川のほうへ所用で行ってきました。泊まりがけだったのでゆっくりとレンタカーを借りてドライブ。

そしてこのブログにも度々登場するぼくの思う最高のパワースポットの美唄アルテピアッツァへ。

ここ一週間の生活と真逆で、人工的に作り出す音がまるでない自然だけの音に耳を傾けると、自分が出す音はとても小さなエネルギーだけどそれにいろんな周りの音が加わることで何倍もの大きなエネルギーに変わるんだなって考えちゃいました。

無音のキャンパスに絵の具を塗り過ぎちゃいかんのですなぁ。サイレントなところにある大きな力、これだな。

1374059554431

そしてやっと今日の話ですが、今日は滝川から昼に戻って7月28日にあるライブのリハーサル。

ラテンはどうにも難しいっす…。多数のパーカッションから放たれるパワーはすごい。打楽器は音楽の根幹だと改めて思っちゃうな。

そのライブはこんな感じのメンバーでやります!

1001478_569140859795609_1512067406_n

そして夜はジョニー黒田とディキシープリンスのライブでした。

場所は大通の紙ひこうき。そんなこんなの考えに考えまくった一週間のなかのライブだったので、今日のライブもいろいろ気づきがありました。

今日はより自然体でいられた気がします。

自分自身はもちろんですが、トロンボーンという楽器の自然体というのが少しだけわかった気がします。

不器用な人が変に器用に見せかけるのではなく、この楽器を最大限に活かしてあげることが結局は最高のサウンドになるんだろうなって思います。

と、トロンボーンは、、、ぶ、、不器用ですから、、、

そんなこんなで今日は一週間ぶりにまともに家の布団で寝ます。明日も紙ひこうきでセッションなのでホント楽しみだーーーー!!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中