シンプルなメロディ

新しい楽器、結局今日のライブでデビューさせましたー。

練習じゃわからない部分もいっぱいあるなぁ。でもライブを通して楽器に負けないようにはなってきたかな。まーだまだ成長しまくる楽器だと思うので吹いててめっちゃ楽しい!

あっ、今日はディキシープリンスのライブでした!

このバンドのライブはメロディの大切さ、ジャズの芯となるグルーブ感をいつも感じさせてくれます。

器用なことはなにもいらず、いかにシンプルにメロディを歌うか。トロンボーンはとくにそこが全てといってもいいかもですね。

ましてや今日のようなニューオリンズジャズはそこしかなかったりするので、ホントごまかしのきかない難しさがあります。

最後はぼくの生徒で唯一トラッドジャズを継承してくれてる子も参加。上記に書いたようなシンプルで歌ってる感じが出ててとても嬉しかったです。

リーダーのお弟子さんも最後ドラムを叩いてたので、最後のリーダーの役割はこれ。↓

さあ、明日は先の時期のことの準備が盛りだくさん。がんばろー。

KIMG0607

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中