アドリブの悩み

今日もレッスンと譜面書きの一日。

今日は祝日ということで日中のレッスンが多かったです。

みんなアドリブについてすごく悩んでると思います。なにからやればいいのかわかんないですもんね。

ぼくもそうでした。アドリブは大学のビッグバンドサークルに入ってから初めてやりました。当時はコードのことなんてなーーんにもわからなかったんで、先輩からもらった音源のソロをコピーしてそのまんま吹いてました。

コードなどの理論は実際は大学生活の後半くらいからほんのちょっとだけ勉強したのかな。コピーしたフレーズとコードを見比べて、どうしてこのコードでこの音が使えるんやろーみたいなもんでした。

今日のレッスンからぼく自身も昔のことを思い出してみたんですが、好きなプレイヤーの音をコピーというよりは、雰囲気を出すのにリズムだったり独特の間であったり、どうしたらその人っぽいか、そんなのばっかり研究してたような気がします。

今は大学のときに比べて技術も知識ももちろんあると思いますが、ちょっと待てよ、一番大事なのは初めのころにやってたことなんじゃないの?と生徒のプレイ聞いてて思っちゃった。

だって生徒の小学生が音はド・ミb・ミ・ソ・ラだけでなーんにも教えてないのになんか気持ちいいアドリブ吹くんだもの。

本人に聞いたら「とにかく親がジャズ聞いてて、自分も聞いてたからなんとなくこんな感じかなぁって吹いた」ってさ。

やっぱこれだよね!!幼少のころに楽器に触れてるかじゃなくて、ジャズに触れてるか、聞いてるかなんだろうなぁ。

んで、ついついベイシーとか聞き返しちゃった。今ぼくに必要なのはAl Grayだな、うん。

生徒から刺激をもらった嬉しい一日でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中