酒本ひろつぐの音楽ルーツ旅「フュージョン編」

過去のルーツ旅

幼少期編」「小学生編」「中学入学編」「中学ブラバン課題曲編」「中学ブラバン自由曲編」「中学ブラバンポップス編

吹奏楽にどっぷりハマってた中学時代。吹奏楽の定番はニューサウンズインブラスという一年に一度吹奏楽のために提供されるポップス曲集をやってるバンドがほとんど。ぼくの学校もそうでした。

ポップス編でも最後に書きましたが、そのニューサウンズの曲のなかにはT-SQUAREの曲が多かったんです。そこから元の曲を聞いてみたいという興味がでてこのバンドに出会いました。

トゥルースが多分初めて聞いた曲(これもポップス編にて)で、このころ日本のロックバンドやポップス系バンドも同時に聞いてたため、歌のないインストでメロディを聞かすこのバンドはとっても衝撃的でした。とにかくおしゃれに感じたし、かっこ良くなりたい!!もてたい!!!って思ってた自分(実際は…)はこれは音楽でモテる!って思ったりして。そんなおしゃれな曲の一つがこちら「宝島」

これも吹奏楽でやったのがきっかけで元をたどってSQUAREだと気づいた曲でした。いい曲だなぁ。当時はアドリブなんてものはまったく知らないので「この譜面難しそうだなぁ」って思ってた(笑)伊藤たけしさんの吹いてるEWIにも憧れたなぁ。

そして吹奏楽からまたこの名曲を知るのです。「Omens of Love」。

プロになってからのぼくしか知らない人は「えっ?路線全然ちゃうやん」ってなるかもしれませんが、ホントに大好きでした。今聞いても好きって言えますね。今でもたまにアマチュアバンドでこの手の曲やってたらめっちゃテンション上がりますもの。ぼくもやりたいってね(笑)

で、これもまた好きな曲ありすぎるので、先進まないからここでショートカット。

このときいわゆるフュージョンと言われてたもの聞くようになるのです。当時はテレビ番組やCMなどでこのような曲がたくさん流れてました。そして気になったら調べて買ったりしてました。今みたくネットで検索したらすぐ解決ってのはなくて、友達に聞いたりCD屋さんに聞いたり、言葉で説明できないときはテレビの音を録音したり。しかも今ならテレビとラジカセをつないで録音とかすぐわかるけど、このときはぜんっぜんわかんなかったんでテレビのスピーカーにカセットレコーダー近づけて録音してた(恥)でもこれで通じたりしたんだなぁ。苫小牧のウエスト(ぼくの年代の苫小牧の人はみんなここでCD買ったことあるはず)でこんなことしてました(笑)

そしてこれはSQUAREなんだろうなと思って実は違って新しいバンドに出会ったのがCASIOPEAでした。また違った魅力があってチョーかっこよかった。CASIOPEAといえばこれって曲「ASAYAKE」はぼくも大好き♪

こういった音楽を知ったことで音楽の幅が広がったことは間違いないです。そして吹奏楽の音楽以外もたくさん聞くようになり、いろんな楽器に興味を持ったのも中学時代の思い出でぼくの今の音楽にも役立っています。基本「この楽器やったらモテるかも」っていう感じでしたが(笑)実際は…………。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中