酒本ひろつぐの音楽ルーツ旅「小学生編」

さて、第二弾は小学生時代を頑張って思い出し、ぼくに影響を与えた音楽を考えてみたいと思います。

小学生のときにちっちゃいカセットデッキを与えられたんで、それで音楽を聞いてましたね。まだ自分では買えなかったですが、徐々に自分の意思で音楽を聞くようになりました。 そんとき聞いて印象に残ってるのは…光GENJI(笑) 小学時代はスピードスケート少年団にいて、橋本○子さんや岡崎朋○さんとかと練習の日々だったんです。 夏はローラースケートで練習してて、よく光GENJIの真似事をしてたから妙に覚えてる。…ぼくの音楽に影響与えたのかなぁ…(笑)今見ても若干ですが振り付け覚えてました(照)

さっ、気を取り直して…(笑)、小学時代はスピードスケートの他にもうひとつのめり込んだのがありました。「ファミコン」です。 ほんっとにアホみたくファミコンやってました。だからこそ「ゲーム音楽」は今でも鮮明に覚えてるし、純粋にカッコイイ!と思ってました。リコーダーでいろいろとゲーム音楽をテキトーに吹いて遊んでた記憶があります。この頃からぼく、耳コピーしてたんですね。今考えるとこのときには音楽が好きになってたのかなって思います。 とくに印象に残っててこの文を書いてて最初に口ずさんだのは…マッピー!!

今聞いてもかっこいいなぁ。このころはジャズなんてものは全く知らなかったですが、この曲ジャズを絶対知ってる人が作ってると思う。ファミコン音楽のすごいところはこの時代の技術で音が3声しかだせないこと。それなのにすごくクオリティが高くて耳になじむ。当時の技術者ってこの条件でいい音楽を作るのにそうとう知恵を絞ったんだろうなぁ。素晴らしい!!

他にもいくつかありますが、次に耳に残ってるのはファミコン界の名作「スペランカー」!!

なんかよくわかんないけどノリノリでこのゲームしてましたが、たぶん音楽の影響があったのでしょう。

そして素直に一番かっこいいと思ったファミコン音楽、クリアの喜びと共にエンディングの音楽を聞いて号泣したのを覚えてます。ドラゴンクエスト3。先ほども書きましたが3声しかないなか、こんなにかっこいい曲ができるのか!!っと当時はそんなことは考えてませんでしたが、とにかく感動したことは覚えてます。

…ファミコンを熱く語りすぎた(笑)だって大好きだったもの。ファミコンコーナーは尽きないのでここで強制終了。

そんなこんなで6年生になったときにぼくの部屋にCDプレイヤーなるものがきたわけです。 ポータブルのやつで、布団の中でイヤホンして聞いてました。今じゃ千円くらいで買えちゃうけど、当時はホンットに嬉しかった記憶があります。 その中でもこのプレイヤーで初めて聞いて何回も聞いてたのが…米米クラブ。なんかすっごいかっこいいと思いました。勢いがあるっていうか。とくにこのときは「Shake Hip!」って曲をループして聞いてたなぁ。

書いたのは聞いた音楽のほんの一部ですが、なんか今聞いても全部かっこいい。小学生編終わり。 中学時代は音楽聞きまくってたから、いくつかに分けて…書く気力あるかなぁ…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中